DVDやBlu-rayDisc(ブルーレイディスク)などのコピーガード解除方法

DVDのコピーガード解除方法

1.専用ソフト「AnyDVD」と「CloneDVD」を使う方法
市販のソフトである「AnyDVD」と「CloneDVD」を使えば、簡単にDVDをコピー(ダビング)することが出来ます。ただし、条件があります。それは、これらのソフトは単独ではなく2つペアーで使うことです。2つを連携させて使うことを忘れないで下さい。そうでないとDVDのコピー(ダビング)は出来ません。
これらのソフトは無料ではありません。しかし、有料なだけに、例えばコピーコントロールCD(CCCD)のコピーガードも解除することが出来ますし、国内では見ることが出来ない外国のDVDソフトもリージョンコードを解除して見ることが出来るようになります。また現在では、HD−DVDやBlu−ray(ブルーレイ)に対応したソフトも発売されています。


2.無料フリーソフト「DVD Decrypter」と「DVD Shrink」を使う方法
これら2つのソフト「DVD Decrypter」と「DVD Shrink」は無料フリーソフトです。これら2つのソフトを、単独ではなく連携させて使用することにより、DVDをコピー(ダビング)することが出来ます。


3.無料フリーソフト「DVD Decrypter」、「Virtual Clone Drive」、「Daemon Tools」を使う方法
これは、DVDをパソコンのハードディスクにisoファイル化させて保存し、再生する方法です。isoファイルを一度作ってしまえば、それを新しいDVDにコピー(ダビング)することが出来ます。DVDをisoファイル化するためには、「DVD Decrypter」と仮想ドライブ作成ソフト「Virtual Clone Drive」か「Daemon Tools」(どちらか一つでOK)を連携させて使用します。

 
4.画像安定装置を使用する方法
画像安定装置については別ページを参照して下さい。




スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。