DVDやBlu-rayDisc(ブルーレイディスク)などのコピーガード解除方法

DVD、CD、VHS、リージョンコード、Blu−rayDisc(ブルーレイディスク)など、これらには当然コピーガードがかかっています。そのコピーガードを解除する方法をここでまとめてみました。有料ソフトから無料のフリーソフトまで、コピーガードを解除するための方法は色々と存在するものです。

スポンサードリンク

DVDのコピーガード解除方法

1.専用ソフト「AnyDVD」と「CloneDVD」を使う方法
市販のソフトである「AnyDVD」と「CloneDVD」を使えば、簡単にDVDをコピー(ダビング)することが出来ます。ただし、条件があります。それは、これらのソフトは単独ではなく2つペアーで使うことです。2つを連携させて使うことを忘れないで下さい。そうでないとDVDのコピー(ダビング)は出来ません。
これらのソフトは無料ではありません。しかし、有料なだけに、例えばコピーコントロールCD(CCCD)のコピーガードも解除することが出来ますし、国内では見ることが出来ない外国のDVDソフトもリージョンコードを解除して見ることが出来るようになります。また現在では、HD−DVDやBlu−ray(ブルーレイ)に対応したソフトも発売されています。


2.無料フリーソフト「DVD Decrypter」と「DVD Shrink」を使う方法
これら2つのソフト「DVD Decrypter」と「DVD Shrink」は無料フリーソフトです。これら2つのソフトを、単独ではなく連携させて使用することにより、DVDをコピー(ダビング)することが出来ます。


3.無料フリーソフト「DVD Decrypter」、「Virtual Clone Drive」、「Daemon Tools」を使う方法
これは、DVDをパソコンのハードディスクにisoファイル化させて保存し、再生する方法です。isoファイルを一度作ってしまえば、それを新しいDVDにコピー(ダビング)することが出来ます。DVDをisoファイル化するためには、「DVD Decrypter」と仮想ドライブ作成ソフト「Virtual Clone Drive」か「Daemon Tools」(どちらか一つでOK)を連携させて使用します。

 
4.画像安定装置を使用する方法
画像安定装置については別ページを参照して下さい。




Blu−rayDisc(ブルーレイディスク)のコピーガード解除方法

1.「AnyDVD HD」と「ImgBurn」を使用する方法
  ・「AnyDVD HD」は有料ソフト、「ImgBurn」は無料のフリーソフト
  ・「AnyDVD HD」はインストールさえしておけばよいので、
   実際には「ImgBurn」の操作のみでコピー(ダビング)が出来る。
  
 <やり方>
  ・「AnyDVD HD」をインストールする。
  ・「ImgBurn」を使って、ブルーレイディスクのデータを
   ハードディスクに取り出す。
  ・「ImgBurn」でハードディスクに取り出したデータを、
   別のメディア(空のブルーレイディスクなど)に書き込む。


2.「DVD Fab Platinum」 と「ImgBurn」を使用する方法
  ・「DVD Fab Platinum」は有料ソフト
  ・「ImgBurn」は無料のフリーソフト

 <やり方>
  ・「DVD Fab Platinum」を使い、ブルーレイディスクの
   データをハードディスクに取り出す。
  ・「ImgBurn」でハードディスクに取り出したデータを、
   別のメディア(空のブルーレイディスクなど)に書き込む。


3.「DVD Fab Decrypter」 と「Deep Burner Free」を使用する方法
  ・「DVD Fab Decrypter」 と「Deep Burner Free」はいずれも無料の
   フリーソフト
  ・「DVD Fab Decrypter」でデータを取り出し、「Deep Burner Free」
   でデータを書き込みます。


ブルーレイディスク対応でないパソコンでブルーレイを見るには
ブルーレイディスクをパソコンで再生するには、ブルーレイディスク対応のパソコンでないと再生することが出来ません。そこで登場するのが、「AnyDVD HD」というソフトです。この「AnyDVD HD」を使えば、ブルーレイディスク非対応のパソコンでも見ることができるようになります。「AnyDVD HD」をインストールするだけで、パソコンでブルーレイディスクが見れるようになるのです。「AnyDVD HD」は有料ソフトで、オンラインのみでの販売になっています。
 
「PowerDVD」や「WinDVD」などの主要プレイヤーは、ハードディスクに保存したDVDを再生する機能がありますが、ブルーレイディスクは再生する事が出来ません。ではどうしたらよいのかと言うと、ブルーレイディスクのデータをハードディスクに取り出し、そのISOファイルを仮想ドライブ化してハードディスク上で再生させればいいのです。仮想ドライブ化するには、「Virtual CloneDrive」という無料のフリーソフトを使います。



リージョンコードのリージョンフリー化

リージョンコードとは
DVDソフトを再生する際に、その再生する地域によって割り振られている地域コードのことをいいます。世界中の地域によってコード番号が分けられているのです。

(世界のリージョンコード)
1.アメリカ、カナダなど
2.日本、西ヨーロッパ、中東地域、南アフリカなど
3.韓国、台湾、シンガポール、香港、東南アジア諸国など
4.オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、ブラジルなど
5.北アフリカ、東ヨーロッパ、インドなど
6.中国


リージョンコードのリージョンフリー化
DVDソフトのリージョンコードをフリー化(解除する)方法として、いろいろなソフトが存在します。

・「DVD Region Killer」 「DVD Genie」
 DVDソフトのリージョンコードを無効にする無料フリーソフトです。
・「Unreal DVD 2」
 有料のソフトですが、インストールするだけで全世界中のDVDを回数
 を気にすることなく再生できるようになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。